もらって嬉しい出産祝い・5選

妊娠・出産

出産祝い、どんなものをいただいてもとても嬉しいものです。

ただ、贈る立場に立った時…出産経験もなく、甥っ子姪っ子もいない私にはかなりの難題でした。そんな方のヒントになるべく、いただいて嬉しかったもの、私に限らず多くの人がもらって嬉しそうなものをまとめてみました。

エイデンアンドアネイのおくるみ(スワドル)


出産祝いの定番、エイデンアンドアネイのおくるみです。定番とはいえ、私は自分がいただくまで知りませんでした。

定番の贈り物の場合、かぶってしまうかもしれないと不安になるかもしれません。でもおくるみの場合はかぶってしまっても大丈夫。使い道がたくさんあるので、複数枚あっても困りません。

おくるみの使用用途
  • おくるみ、ブランケット
  • ベビーカーの日除け(使っていたベビーカーが完全には日除けできない仕様だったので、洗濯ばさみで止めて日除けにしています。)
  • 授乳ケープ(私は別にケープを購入しましたが、いざという時に使えます。)
  • オムツ替えシート(外出時のオムツ替えの時に下に敷いて使っています。)
  • おもちゃ(1歳半を過ぎてから、おくるみをかぶって遊んだりするのが好きで、いつも握りしめています。)

デザインもとてもかわいいものばかりで、選ぶのも楽しいです。現在娘1歳7カ月ですが、新生児の頃から使っているエイデンアンドアネイのおくるみ、いまだに現役です。少しくたびれてはいますが、頻繁に洗濯してもごわつきません。

ねんねの必需品・ガーゼスリーパー


Hoppetaのガーゼスリーパーは実際に産後すぐにいただきました。当時スリーパーの存在を知らず、いただいてはじめて知りました。

5月の出産だったので、出産後すぐは薄手のベビー布団を使っていましたが、徐々に動くようになり布団が顔にかかってしまうのが怖くなりスリーパーに切り替えました。以後現在(娘1歳7カ月)もスリーパーを使用しています。現在は窒息のおそれはあまりないですが、布団をかけてもまったく意味をなさないくらい動くので、必須アイテムです。

こちらも洗濯の都合上複数枚必要なので、かぶってしまっても問題なし。出産祝いとしてはいちばん小さいサイズでよいですが、大きなサイズもあるので、贈るタイミングによっては大きなサイズを検討してもよいかもしれません。

定番・オムツケーキ


オムツはいくらあっても足りません!消耗品は味気ないかな?と思っていましたが、例えばこちらのオムツケーキだとタオルやスタイもついていますし、いただいた時にとってもかわいい写真が撮れそう。いい思い出になります。

長く楽しめる絵本


例えばこちらの「だるまさんシリーズ」、娘は1歳7カ月の今も好きで読んでいます。出産前には絵本まで用意する余裕がないことが多いので、かぶってしまう心配も少ないです。ただ、私たちが子どもの頃から人気の定番絵本だと、実家にあるものを世代を超えて再び読むことができるので、既に持っているかもしれません。出版年が比較的最近の本を選ぶとよいと思います。

おもちゃも嬉しいのですが、教育方針や収納スペースの問題もあります。本の方が贈り物として選びやすいと思います。

注意も必要?ベビー服・靴・スタイ

出産祝いとして真っ先に思い浮かぶのは、ベビー服、靴、スタイなどではないでしょうか?

しかしいざ選ぶとなると、難易度が高い!デザイン?季節?形?サイズ???どうしたらよいかわからず、私は自分の出産前までは贈ったことがありませんでした。

ベビー服・靴・スタイを選ぶポイント
  • 大きめサイズを選ぶ(日本サイズなら70cm、海外サイズなら12Mくらいがおすすめです。靴の場合は14cmくらいだと無難。)
  • 無難なデザインを選ぶ(急がない場合は、赤ちゃんに会って着ている洋服を見てお母さんの好みを確認してから選ぶことをおすすめします。)
  • 季節が限定されないものを選ぶ(ダウンや半袖Tシャツなどはそのサイズがその季節にちょうど着られるかはわかりません。薄手の羽織るものや下着にもなるロンパースなど、どんな季節でも使えるものがおすすめです。)
  • スタイはとにかくデザイン重視で!(実はスタイは全く必要のない子もいます。よだれの量は様々。よだれの少ない子でもおしゃれとしてスタイをつけるので、デザイン重視で選ぶとよいです。)

娘は小柄だったので、サイズが小さくて着られないことはありませんでした。しかし1歳を過ぎると、赤ちゃんらしくてかわいい上下つなぎのロンパースなどは、下着として以外で着ることはなくなってきます。80cmサイズのロンパースは出番がほぼありませんでした。逆に大きい子は60cm、70cmサイズの出番がとても少ない子もいます。

デザインもなかなか悩ましいです。外出の増える生後半年以降は、どうしても親の好きな洋服ばかり着せてしまいます。自分では絶対に買わないような洋服をいただいて、着せてみたらとても似合うのでお気に入りの1枚になっているものもありますが、正直ごく一部。親の好みのブランドや色をリサーチして渡せるととてもよいのですが…(難しい。)

靴も、大きめ(14cm以上)をおすすめします。娘のファーストシューズは11cmだったのですが、大きい子だとファーストシューズが13cm以上の子もいます。また、ファーストシューズは靴の形がセカンドシューズとは違うため、親が子の足の形に合わせて選ぶことが多いです。

複雑怪奇なベビー服の種類を整理してみた!