卒乳までの授乳と離乳食の記録・育児日記を振り返って

育児

「おっぱいに子どもの怖がる絵を書いた」「いつまでだよ、と前もって何度も話をした」

こんな卒乳や断乳の経験談、よく聞いていました。私も苦労するのかな?と勝手に想像していたのですが、おっぱいに執着の全くなかった娘、驚くほどあっさりと卒乳しました。(寂しい…)

育児日記を振り返りながら、卒乳までの授乳の記録です。

出産直後~母乳授乳が軌道にのるまで

出産直後から、母乳授乳が軌道にのるまでの紆余曲折はこちらをご覧ください。

こんなはずじゃなかった!母乳育児の現実

2019年10月29日

育児日記の記録によると、このように書いてあります。(「」内は育児日記に書いた当時のコメント)

生後1日目:母乳5回、ミルク7回(計120CC)「母乳スタート。しみるくらいしか出ていないけど味はするそう。」

生後7日目:母乳6回、ミルク6回(計230CC)「深夜おっぱい激痛。これが張り。冷やしてどうにか眠る。」

生後17日目:母乳7回「体重は少し減ったけれど母乳のみで様子見。」→結局子の体重が思うように増えず、ミルクなしの完母挑戦は3日で終了。

生後46日目(1カ月):母乳7回、ミルク1回(60CC)「授乳は左右共ともに傷が痛い。」→おっぱいが痛いという記録はこれが最後。少しずつ軌道にのっていった頃。

おっぱいの痛みと闘いながら、増えない娘の体重を気にしながら、ミルクの量を調整しながら、過ごしていた時期でした。

離乳食開始前まで

この頃の育児日記を振り返ると、授乳に関してのコメントがほとんどありません。娘の体重も増えるようになり、大きな問題なく、リズムがつかめてきていたからです。

この頃悩んでいたのは、授乳ではなく、睡眠と便秘。育児日記にも圧倒的に睡眠と便秘についてのコメントが多いです。(これはまた別の記事に…)

生後61日目(2カ月):母乳7回、ミルク1回(60CC)

生後92日目(3カ月):母乳6回、ミルク1回(80CC)

生後123日目(4カ月):母乳6回、ミルク1回(80CC)

生後153日目(5カ月):母乳6回、ミルク1回(120CC)

離乳食開始後

娘の離乳食は生後156日目(5カ月になってすぐ)にはじめました。はじめる時期については、いろいろな説があり迷いましたが、こちらの本を参考にして決めました。

母乳(粉ミルク)だけでいいのは、いつまで?

母乳の栄養は産後1年が経ってもほぼ変わらないことがわかっていますが、子どもに必要な栄養の量は成長にしたがって増えていくもの。そのため、厚生労働省の指針通り、生後5~6か月以降は母乳や粉ミルクだけでなく、離乳食も与えるべきです。

出典:「管理栄養士パパの親子の食育BOOK」12ページ

生後5~6か月頃になって首の座りがしっかりし、支えると座れるようになり、食物に興味を示し、スプーンなどを口に入れたときに舌で押し出す「押し出し反射」が減るなどの様子が見られ始めたら、離乳食開始のサインです。

出典:「管理栄養士パパの親子の食育BOOK」15ページ

生後156日目(5カ月):母乳7回、ミルク1回(120CC)、離乳食1日目(10倍粥1さじ)「離乳食スタート。出しながらも1さじ分は食べた。泣かず。」

生後166日目(5カ月):母乳5回、ミルク1回(120CC)、離乳食11日目(10倍粥7さじ、にんじん1さじ)「野菜デビュー。ちっとも嫌がらず!」

新食材は、にんじん、かぼちゃ、紫芋、ブロッコリー、ほうれん草、白菜、トマト、大根、じゃがいものに挑戦。

生後185日目(6カ月):母乳5回、ミルク1回(120CC)、離乳食30日目(10倍粥40CC、じゃがいも2さじ、白身魚1さじ)「はじめてのたんぱく質

新食材は、玉ねぎ、いちご、バナナ、豆腐、りんごに挑戦。

生後198日(6カ月):母乳6回、ミルク1回(120CC)、離乳食43日目(9倍粥40CC、にんじん15CC、豆腐20CC、BFアップルバナナ15CC)「ごはんをかために。よく食べる。」

新食材は、レタス、梨に挑戦。

2回食開始後~離乳食100日目まで

生後207日目(6カ月):母乳6回、ミルク1回(120CC)、離乳食52日目(①9倍粥40CC、カリフラワー10CC、豆腐20CC、BFりんご梨20CC ②9倍粥20CC、BFかぼちゃとさつまいも10CC)→2回食を開始。

新食材は、カリフラワー、さつまいも、昆布だし、桃、パン、青のり、さやいんげん、しらす、なす、キャベツ、ブルーベリー、ヨーグルト、鰹節、そうめんに挑戦。

生後217日(7カ月):母乳8回、ミルク1回(120CC)、離乳食62日目(①8倍粥+しらす50CC、キャベツ15CC、ヨーグルト+BFブルーベリーりんご30CC ②そうめん+昆布だし30CC、なす15CC、ヨーグルト15CC おやつハイハイン0.5枚)「ハイハインのおせんべい食べたよ。はじめてのおやつ。

新食材は、すいか、きゅうり、ぶどう、鶏ひき肉、オクラ、みかん、アスパラに挑戦。

生後233日目(7カ月):母乳4回、ミルク1回(120CC)、離乳食78日目(①7倍粥+鶏そぼろ60CC、大根とにんじんの煮物20CC、BFフルーツサラダヨーグルト40CC ②7倍粥+鰹節50CC、トマトブロッコリー玉ねぎ25CC、卵黄ほんの少し、BFフルーツサラダヨーグルト40CC)「卵黄デビュー。

新食材は、キウイ、カッテージチーズ、シーチキン、カブ、卵白身、納豆、オレンジを追加。

生後255日目(8カ月):母乳6回、ミルク1回(160CC)、離乳食100日目(①トースト3切れ、レタスにんじん25CC、バナナヨーグルト40CC ②全く食べず)

食事の細かい内容の記録は離乳食開始100日目で終了しています。特にアレルギーが出ることはなく乳製品も卵もクリア、食材も増え、お粥も6倍粥にまで進みました。ただ、100日目の2回食で全く食べなかったように、徐々に食べないことが増えて悩みます。食べないだけではなく、体重もなかなか増えず。この頃、頻繁に熱を出したり、体調を崩したりしたことも原因のひとつかなと思います。

1歳になるまで

生後263日目(8カ月):母乳4回、ミルク1回(160CC)、離乳食108日目「離乳食ここ1カ月ほとんど食べずめちゃくちゃ苦労していたけれど、昨日今日とよく食べる!!母嬉しい。」

生後272日目(8カ月):母乳5回、ミルク1回(200CC)、離乳食117日目「3回食スタート

生後295日目(9カ月):母乳6回、ミルク1回(160CC)、離乳食140日目(朝食オートミール15g+牛乳55g→1/3ほど食べる、さつまいももち1切れ、鶏肉と野菜の煮物少し)

生後315日目(10カ月):母乳4回、ミルク1回(160CC)、離乳食160日目(夕食5倍粥をのりではさんだおにぎり、ゆでブロッコリー、マグロハンバーグ、いちご)「つかみ食べ、よく食べる。」

生後364日目(11カ月):母乳2回、ミルク1回(160CC)、離乳食209日目「夜間断乳成功!おっぱいでも虫歯になるとのこと。おっぱいのあと歯ブラシに変更。」→ここで夜間断乳成功とあるのですが…一時的でした。

離乳食は少しずつ食べるようになるのですが、体重はなかなか増えず、小児科に通っていました。便秘治療も開始、1歳になるまでは引き続き頻繁に熱も出していました。

1歳~卒乳まで

育児日記は1歳までのページしかなく、これで終わりかなと思っていたのですが、なんとなく寂しくて、引き続きほんのメモ程度ですが記録を残しています。

1歳0カ月:夜の粉ミルクを牛乳に変更。(ただし、当初ストロー飲みは拒否で哺乳瓶を使用。)ごはんを90g食べることも。夜泣きが続きついつい夜間授乳してしまう。

1歳1カ月:夜泣きが続きついつい授乳してしまうが、小児科で夜間断乳を再度すすめられ再挑戦。(この効果か次第に夜泣きは減っていく!)、日本に一時帰国し睡眠も授乳も乱れる。

1歳2カ月:日本のごはんがおいしいのか食事量が増える。ごはんは100g食べる。

1歳2カ月19日卒乳。私が病院での検査のため事前に薬を服用する都合で2日授乳不可の日があり、授乳なしで過ごしたところ、それまでよりもよく眠る。その間、おっぱいをほしがることもまったくなかったため、やめるつもりはなかったけれど、流れるようにおっぱいは卒業となりました。

事前にこれを機にやめようとは考えていませんでした。一時帰国中の日本だったので、また海外に戻る飛行機に乗る時にも授乳できた方が楽かなと考えていたからです。なので、「よし!これが最後!目に焼き付けておこう!」と思って授乳できなかったことが心残りです。

卒乳の直前は、朝起きた時と夜眠る前以外には授乳をしていない状態でした。食事も安定して食べられるようになってきていました。なにより、もともとおっぱいにも食べることにも執着がありませんでした。自分からおっぱいの方に駆け寄ってきたり、服をめくられたりしたことも一度もなし。

卒乳してからも、おっぱいをほしがったことは一度もありません。おっぱいバイバイの苦労は全くありませんでしたが、それはそれでとても寂しかったです。

あまりにもあっさりすぎて、卒乳の苦労話はなんにもないのですが…食べない、体重増えない(成長曲線の一番下より下になって焦っていた時期も)は1歳になるまではずっとつきまとっていました。食事のことで悩んだら、先ほどもご紹介したこちらの本を参考にしていました。

この本のトピックス例
  • おやつは、どういうものがいいの?
  • 学童期からの食事はどうしたらいい?
  • 肉や牛乳、砂糖は身体に悪いの?
  • 子どもがたべやすい料理って?
  • 食事をすすんでとろうとしません
  • 食物アレルギーが心配です

離乳食に関する疑問だけでなく、長期的な食育の観点から、気になるトピックスが網羅されているのでおすすめです。

ちなみに現在(1歳5カ月)は、「大人が食べているものと同じものが食べたい!」と主張してくれるようになりました。外食時には、メニューを選んでシェアして食べれられるようになっています。遊び食べをしたり、食事を投げたり、また違う悩みも出てきています。

授乳は終わっても食育は続く…

こんなはずじゃなかった!母乳育児の現実

2019年10月29日

買ってよかった0歳児育児グッズ②授乳編

2019年11月4日

買ってよかった0歳児育児グッズ⑤離乳食編

2019年12月31日